NewsPicks×J-WAVEで澤円氏が語る、これからの時代の働き方と生き方

picture

余計なことを止めることで売り上げ増

NewsPicks×J-WAVEで澤円氏が語る、これからの時代の働き方と生き方

働き方改革が注目されていますが、多くの企業で無駄な業務を続けていませんか?実は、限られたリソースと時間で成果を出すには、余計なことを削ることが大切です。

たとえば、創業者の藤枝氏が瀕死の赤字レストランを再生させた事例があります。彼はランチやディナーを廃止し、持ち帰り専門店へと業態転換しました。また、ネット通販や主婦業もやめ、経営に注力したのです。その結果、年商3億円を達成しました。

余計なことを削るには勇気がいりますが、思い切って踏み出せば大きな成果につながります。これまでの固定概念にとらわれず、0を1にすることに挑戦してみましょう。それが、これからの時代の働き方と生き方につながるのです。

固定概念にとらわれない

起業家

固定概念にとらわれず、自分の強みを発揮していくことが大切。これは、あらゆる分野で成功するために不可欠な要素です。

ケンズカフェ東京のオーナー、藤枝憲二さんは、まさにこの固定概念を打破して成功を収めた起業家の一人です。彼は、レストラン業界の常識にとらわれず、ガトーショコラに特化した専門店をオープンしました。この思い切った決断により、年商3億円という驚異的な売上を達成することができたのです。

藤枝さんの成功は、固定概念にとらわれないことの重要性を示しています。ビジネスにおいても、人生においても、自分の強みを活かし、常識に縛られずに新しいことに挑戦することが成功への道と言えるでしょう。

勇気を持って一歩踏み出す

一歩

勇気を持って一歩踏み出すことは、時に困難に思えるかもしれません。失敗への恐れやリスクを負うことをためらってしまうことは、誰にでもあるからです。しかし、一歩踏み出さなければ、新しい道が開けることもありません。失敗を恐れずに、たとえ小さなことでも挑戦してみましょう。一歩踏み出すことで、それまで見えなかった可能性が見えてくるかもしれません。

失敗を恐れずに挑戦する

挑戦

失敗を恐れるあまり、なかなか新しいことに挑戦できない人は多いのではないでしょうか。しかし、失敗を恐れていては、いつまでたっても成長できません。

NewsPicks×J-WAVEで澤円氏が語っていたように、起業家精神とは「0を1にする」こと。つまり、これまでなかったものを生み出すことです。そのためには、失敗を恐れないことが不可欠です。

失敗は成長の糧になります。失敗から学び、改善することで、より良いものが生み出せるようになります。また、失敗を恐れずに挑戦することで、新しい可能性が開けるかもしれません。

同調圧力にとらわれない

同調圧力

日本社会は、同調圧力によって、多くの人が自分を抑え込んでしまっています。髪の色や言葉遣いなど、社会の常識や慣習に合わせることが求められ、個性や才能を自由に発揮することが難しい環境になっているのです。 しかし、このような同調圧力にとらわれず、自分の可能性を追求することがこれからの時代には重要です。失敗を恐れず、自分のやりたいことに挑戦し、それをビジネスにしていくマインドセットを持つことが求められます。 同調圧力にとらわれず、自分を解放することで、よりイキイキとした人生を送ることができるのです。

手段と目的を混同しない

手段と目的が入れ替わらない

手段と目的を混同しない

手段と目的が混同されると、優先順位が入れ替わってしまい、本来の目標を見失う危険性があります。たとえば、「お金を貯めてから結婚する」という考え方は、結婚という目的を貯金という手段に置き換えています。すると、お金が貯まらないと結婚できないと錯覚し、結婚という目標そのものへの行動が遅れてしまうかもしれません。また、同調圧力に流されて、本当はやりたくないことを「みんながやっているから」という理由でやってしまうこともあります。このように、手段と目的を混同しないことは、自分の真の目標を見極め、効果的に行動するための重要なポイントなのです。

西洋人の大胆さを見習う

西洋人

日本人の私たちには、同調圧力や失敗への恐れが強く、新しいことに挑戦することを躊躇しがちです。しかし、西洋人の中には、そのような壁を乗り越えて果敢に行動する人が多くいます。

彼らの大胆さを真似ることで、私たちは自分の可能性を広げることができます。まず、小さなことからでも一歩踏み出してみましょう。失敗を恐れずに、新しいことに挑戦し、そこから学びましょう。失敗は成長するための貴重な機会です。

また、自分の個性を尊重しましょう。周りに合わせるのではなく、自分のやりたいことを追い求めましょう。個性を出せることで、あなたの強みを生かしたビジネスや生き方につながる可能性があります。

日本の社会では、会議で多くの意見が出されるものの、最終的な決定がなかなか下されないことがあります。そのような状況では、上司が柔軟に発想し、権限を委譲することが重要です。また、メンバー全員が責任感を持って行動することで、より良い結果が得られます。

個性を出す

個性

個性とは、枠にとらわれず、自分らしさを表現することです。日本社会では、同調圧力が強く、普通であることが求められる傾向にありますが、自分の個性を出すことは、ビジネスにおいても重要です。自分のやりたいことに集中し、それをビジネスにすることで、真の成功を収めることができます。 NewsPicks×J-WAVEで澤円氏が語る、これからの時代の働き方と生き方

ホジュン論を丁寧に作る

ホジュン論を丁寧に作る」とは、自分の中にある「普通」という概念にとらわれず、自分の個性を表現していくことを意味します。同調圧力に迎合するのではなく、自分らしさを追求することで、結果的にビジネスにおける成功にもつながります。起業家精神とは、0を1にすることであり、固定概念にとらわれず、勇気を持って一歩踏み出すことが大切です。

失敗を早期に発見する

失敗

起業家として成功するために、失敗を早期に発見する方法を理解することが重要です。早期に失敗することで、それを克服するための対策を講じることができます。NewsPicks×J-WAVEで澤円氏が語るように、これからの時代の働き方では、早期の失敗を糧として成長することが求められます。倒産寸前にまで追い込まれる前に、大胆な変化を恐れず、一歩踏み出して失敗することを厭わない勇気が必要です。

準備期間を長くしすぎない

スピード

準備期間を長くしすぎると、失敗してもはや取り返しのつかないほど大きなものになってしまいます。早めに行動を起こし、失敗を恐れずに挑戦していきましょう。これにより、早く失敗に気づき、修正することができます。また、グローバル競争が激しくなり、限られたリソースと時間で成果を出さなければならなくなった現代では、余計な作業を省くことが重要になっています。企業だけでなく、すべてのビジネスにこの考え方はプラスの効果をもたらします。

無駄なことを削る

無駄なことを削る

無駄なことを削るというのは、一見すると簡単なことのようですが、実際には勇気のいることです。なぜなら、私たちはこれまで慣れ親しんできた方法や習慣に固執しがちだからです。しかし、無駄なことを削ることで、時間やリソースをより重要なことに振り向けることができます。ビジネスにおいては、無駄なことを削ることでコストを削減し、効率性を向上させることができます。個人においても、無駄なことを削ることで、より充実した生活を送ることができます。無駄な会議やタスクを断捨離し、本当にやりたいことに集中しましょう。そうすることで、私たちはより創造的になり、生産性を向上させることができます。

グローバル競争に対応する

ビジネス効率化

グローバル競争が激化し、限られたリソースや時間で成果を上げる必要性が高まっています。企業は、無駄な活動やプロセスを排除し、より効率的な運営を目指しています。同調圧力や常識にとらわれず、個性を発揮し、ビジネスを集中して構築することが求められます。成功した場合の対価は大きく、オーナーシップの考え方を持って責任を明確にし、果敢に決断を下すことが重要です。起業家精神は、ゼロから価値を生み出すことであり、常識にとらわれず、新しい発想や視点を取り入れることでビジネスを成長させましょう。

リソースと時間を有効活用する

効率化

藤枝氏のいう「余計なことをやめる」とは、業務を徹底的に見直し、リソースと時間を最も効果的に活用する方法を模索することです。不必要な会議やタスクを排除し、本当に重要なことに集中することで、生産性と効率性を向上させることができます。これは、起業家だけでなく、あらゆるビジネスにおいて不可欠な戦略です。限られたリソースを賢く活用することで、より大きな成功を収めることができるのです。

決断を下す

決断

企業の競争が激化し、限られたリソースで効率的に成果を出すことが求められる現代において、決断を下す能力がさらに重要になっています。定例会議や業務フローなど、慣習に従って行われてきたものを見直し、その必要性や真の価値を吟味する必要があります。習慣や慣例に囚われず、物事の本質を捉え、大胆な決断を下すことで、生産性と革新を促進することができます。不要なものを削ぎ落とし、真に価値あることに集中することで、企業は繁栄し、個人はより充実したキャリアを築くことができるでしょう。

責任を明確にする

responsibility

責任を明確にすることで、チームメンバーは自分の役割と期待事項を理解できます。これにより無駄な作業が減り、生産性が向上します。また、ミスが起こった場合に責任所在が明確になるため、問題解決が迅速に行えます。NewsPicks創業者である澤円氏は、「すべてのビジネスにおいてかなりプラスになるんじゃないかな」と述べています。責任を明確にすることは、企業を成功に導くための重要な要素なのです。

柔軟な発想を受け入れる

柔軟な発想

「柔軟な発想を受け入れる」と言われても、なかなか難しいもの。ですが、まずは小さなことから始めてみましょう。会議で意見を求められたら、自分の考えを率直に言ってください。外資系企業では、自分の意見を言うことが当たり前の文化です。また、思い切ったアイデアを出してみるのもいいでしょう。常識にとらわれず、新しい視点から物事を考えてみましょう。柔軟な発想は、日々鍛えていくことで身につくものです。小さなことから始めて、少しずつでも自分の殻を破っていきましょう。

賞賛と報酬を明確にする

rewards

成功における賞賛と報酬を明確にすることは、モチベーションの向上と責任感の醸成に不可欠です。失敗にばかり目が向きがちな日本では、成果に対する評価と報奨が十分ではありません。個々の貢献が明確に認識され、適切に報われるシステムを作ることで、従業員は自分の仕事に誇りを持ち、より高い業績を達成しようとするようになります。賞賛と報酬のバランスが、企業文化を向上させ、従業員の満足度とエンゲージメントを高めます。これからの時代を勝ち抜くためには、こうした取り組みが欠かせないでしょう。

常識を疑う

私たち日本人は、同調圧力を強く受けており、周囲に溶け込もうとする傾向があります。しかし、常識にとらわれすぎず、自分の個性を発揮することが大切です。失敗を恐れずに、一歩踏み出して挑戦することが求められます。欧米では、飛び込む姿勢が強いため、失敗を恐れず挑戦する傾向があります。私たちは、常識にとらわれず、挑戦することを学ぶ必要があるかもしれません。

現状に甘んじない

成長

現状に甘んじていると、成長のチャンスを逃してしまいます。失敗を恐れて一歩を踏み出すことをためらっていると、いつまでも同じ場所にとどまってしまいます。しかし、勇気を持って新しいことに挑戦し、失敗から学び続けることで、自分自身を成長させることができます。リスクを恐れずに、積極的に行動を起こしましょう。そうすることで、新しい発見や成長の機会を得ることができます。小さなことから始めて、少しずつ挑戦の幅を広げていきましょう。現状に満足せず、常に成長し続ける姿勢が、より充実した人生への扉を開くでしょう。