NewsPicks×J-WAVEに堀江貴文氏がゲスト出演!最先端のニュースから未来への展望まで語る

picture

パナソニックの新たな事業戦略

パナソニックが新たな事業戦略に舵を切る!デザイナー主導でイノベーションを創出

新築住宅向けの製品開発

スマートホーム

近年、IoT化に伴い、新築住宅向けの製品開発が急増しています。パナソニックでは、SAP出身の責任者が抜本的な改革に着手し、総花的な商品展開から、スマートホームやホテルなどの最先端のトレンドを意識したデザインへとシフト。アパホテルや変なホテルなどの先駆的なホテルが、無駄を省き、快適性を追求したデザインの優位性を示しています。日本のメーカーが世界市場で存在感を発揮するために、ユーザーの直感的な操作性を追求し、UI/UXを極限まで洗練することが求められているのです。

IoT 技術の活用

IoT技術の活用

現代のスマートホームは、IoT技術を活用することで、かつてないレベルの利便性と快適さを提供しています。Panasonicなどの企業は、照明や家電製品を自動化し、声による操作を可能にすることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。さらに、ホームセキュリティやエネルギー効率の向上にもIoTが活用されており、スマートホームの居住者の安全と快適性を確保しています。IoT技術の進歩により、スマートホームは進化を続け、私たちの生活にさらなる変革をもたらすでしょう。

製品の付加価値向上

パナソニック

日本の大手家電メーカーであるパナソニックは、同社のホームアプライアンス部門を再編し、デザイナー主体の組織へと変革しようとしています。同社は、コモディティ化が進み競争優位性を確保しにくいテレビや洗濯機などの一般的な家電製品から脱却し、付加価値の高い製品の開発に注力する戦略を採る方針です。

たとえば、ホテルの客室において、エレベーターが自動でゲストを乗降階まで誘導したり、テレビのリモコンが直感的に操作できるようにしたりするなど、IoT技術を駆使した利便性を高める製品開発が進められています。デザイナー主導の開発により、ユーザーの視点に立った、使いやすく快適な製品が生まれることが期待されています。

このような製品の付加価値向上によって、パナソニックは競争の激化する家電市場において差別化を図り、成長を維持していくことを目指しています。

洗練された UI/UX の追求

UI/UX

洗練されたUI/UXの追求は、現代のビジネスにおいて不可欠となっています。直感的なデザインはマニュアルの必要性を排除し、ユーザーの利便性と満足度を向上させます。例えば、洗濯機やテレビのリモコンにも見られるように、日本のメーカーはUI/UXの改善に注力しています。しかし、さらなる洗練が求められています。エレベーターの最適化や無駄の排除など、テクノロジーを駆使することで宿泊施設の利便性を高めることができます。UI/UXの追求は、顧客体験の向上とビジネスの成功に不可欠なのです。

デザイナー主体の組織体制

designer

デザインは、現代のビジネスにおいてますます重要な要素となっています。ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ブランドの認知度を高め、顧客ロイヤリティを構築する上で欠かせません。

パナソニックは、この重要性を認識し、そのホームアプライアンス事業を再編し、デザイナーを主役に据えています。この動きは、同社の製品に付加価値をつけ、市場での競争力を高めることを目的としています。

デザイナー主体の組織体制とは、デザイナーが製品開発プロセスの中心にいることを意味します。彼らは、ユーザーのニーズを理解し、使いやすく、魅力的な製品をデザインする責任を負っています。このアプローチにより、パナソニックは、顧客に真に共感し、彼らの生活を向上させる製品を開発することができます。

デザインの重要性

デザイン

デザインの重要性は、現代社会においてますます高まっています。私たちは、あらゆる分野でデザインに囲まれて生活しています。製品、サービス、さらには都市のデザインも、私たちの生活の質に大きな影響を与えます。

優れたデザインは、使いやすさ、効率性、美しさをもたらします。直感的なインターフェースを備えた製品は、ユーザーのストレスを軽減し、時間を節約します。エレガントにデザインされた空間は、快適で、居心地の良い雰囲気を作り出します。優れた都市デザインは、交通渋滞を緩和し、コミュニティ意識を醸成します。

デザインは単なる飾りではありません。それは、私たちの生活をより良くするための強力なツールです。企業は、デザインを戦略的に取り入れることで、競争上の優位性を獲得し、顧客満足度を高めることができます。政府は、デザインを活用して公共サービスを改善し、市民の生活の質を向上させることができます。個人は、デザインを使用して、より機能的で、魅力的な生活空間を作り出すことができます。

私たちがデザインの力を認識し、それを活用するにつれて、私たちはより住みやすく、働きやすく、楽しめる世界を創造することができます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

user_experience

ユーザーエクスペリエンスを向上させることは、今日のデジタル時代に成功するために不可欠です。ユーザーが直感的に理解し、使用できる製品やサービスを作成することが重要です。例えば、パナソニックのホームXチームは、デザイナーが主導する組織で、デザインの重要性を重視しています。同じように、LINEの親会社であるネイバーも、デザイナーが社内ビル全体を設計するほど、デザインを重視しています。ユーザーエクスペリエンスを重視することで、LINEは非常に使いやすいアプリケーションとなり、受け入れられました。このような考え方をさまざまな業界に適用することで、ユーザーにとってより満足のいく製品やサービスを提供できます。

LINE の事例

LINE

コミュニケーションアプリ大手『LINE』の親会社である韓国のネイバー社は、デザインに強いこだわりを持っています。デザイナーが自社ビルのデザインにも携わり、トイレや机、椅子に至るまですべてを統一したデザインにしています。この徹底したデザインへのこだわりが、ユーザーフレンドリーで使い勝手の良い『LINE』アプリの成功に繋がっているのです。

ホテル業界における活用

ホテル

ホテル業界でも、IoT技術の活用が進んでいます。例えば、客室内の照明やエアコンをスマホで操作できたり、エレベーターの到着時間を事前に確認できたりするサービスなどが登場しています。また、ホテルのスタッフがゲストの要望をリアルタイムで把握し、よりパーソナライズされたサービスを提供できるようにもなっています。IoT技術の活用によって、ホテルの利便性や快適性が向上し、ゲスト満足度の向上が期待できます。

無駄の排除と快適性の向上

スマートホテル

無駄の排除と快適性の向上は、あらゆる産業で求められています。堀江氏は、ホテルのエレベーターの無駄な待ち時間を例に挙げ、IoT技術を活用することで、より利便性が高まり、快適なホテル体験を提供できると語っています。また、「直感的に使える」ことを重視し、UI/UXを洗練させることで、テレビのリモコンなどの複雑な操作を簡素化することも重要だと指摘しています。

エレベーターの自動制御

エレベーター自動制御

さらにエレベーターもスマート化することで、無駄な待ち時間やストレスを軽減できます。例えば、現在使われているエレベーターは、基本的にフロア間の移動にしか使われておらず、宿泊者が部屋を出た後も下層階に待機しています。これを自動制御すれば、宿泊者がエレベーターを呼んだタイミングでエレベーターが最寄り階に移動し、よりスムーズかつ効率的な移動が可能になります。

今後の展望

IoT家電

日本の家電メーカーが、これからの市場で競争力を発揮するために、より付加価値の高い製品の開発に注力することが期待されています。特に、ホーム家電の分野では、IoT技術の活用や、優れたユーザーインターフェイスの設計などによって、顧客の利便性と快適性を向上させることが求められます。また、業務用の製品についても、大画面LEDパネルなど、高付加価値な製品に集中することで、差別化を図ることが重要視されています。この方向性は、日本のメーカーが世界市場で存在感を増し、成長を続けるために不可欠とされています。

ダイナミックな変化

ダイナミック

今後、ダイナミックに変化していくと思われる点としては、デザイナーが主導する組織編成が挙げられます。パナソニックのホーム x チームが半数をデザイナーで構成しているように、デザインが企業の競争力を左右する時代が到来しています。直感的に操作できるUIUXの追求や、生活に不可欠なIoT機器のデザインの洗練化など、デザイナーが企業のイノベーションを牽引していくことが期待されます。